このページでは2012年3月11日に行われた「3.11~七の心をつなぐ~」の概要をご紹介します。

3.11~七の心をつなぐ~

日時2012年3月11日(日) 11:00~17:00 場所鎌倉プリンスホテルバンケットホール 来場者約500⼈ 概要東北物産品販売のほか、現地を取材したフォトリポート展示、鎌倉市の防災情報紹介コーナーを設置。
宮城県七ヶ浜町から地元の子供たちが中心になって活動しているアフリカンパーカッショングループ「Groove7」のパフォーマンスライブ、鎮魂のしらべ「マリンバ&オペラ演奏会」など。

東日本大震災から1年。
七里ガ浜発七ヶ浜復興支援隊は、月1回のボランティアバス派遣を始めとした様々な活動を続けています。
2012年3月11日を迎えるにあたり、慰霊・鎮魂の意を表し、また、復興支援の力を絶やさないために「今私たちにできること」を考える機会となれば幸いです。

3.11~七の心をつなぐ~実行委員長 中里成光
3.11~七の心をつなぐ~2012 イベントの様子1 3.11~七の心をつなぐ~2012 イベントの様子2 3.11~七の心をつなぐ~2012 イベントの様子3

ステージ

鎮魂のしらべ
復興祈念演奏会 マリンバ&オペラ
マリンバ演奏:林美里さん、歌唱:吉川涼子さん
演奏会の売上は、経費を除いて復興支援活動の支援金となりました。マリンバの奏でる響き、オペラの歌声に復興への希望を託しました。
祈り
やまとかたり
詠唱:大小田さくら子
震災で犠牲になられた方々への鎮魂の祈りを捧げました。そして地震発生時刻の14:46分に来場者全員で黙祷を捧げました。
パーカッションライブパフォーマンス:Groove7
東日本大震災で受けた津波の被害から行政と住民が一体となって復興に邁進する宮城県七ヶ浜町から、地元の子どもたちで構成するアフリカンパーカッショングループ「Groove7」をご招待しました。彼ら彼女らは私たちに力強い演奏を届けてくれました。
3.11~七の心をつなぐ~2012 ステージパフォーマンスの様子1 3.11~七の心をつなぐ~2012 ステージパフォーマンスの様子2 3.11~七の心をつなぐ~2012 ステージパフォーマンスの様子3

買おう東北

東北応援物産展新鮮野菜、乾物や海苔、七ヶ浜Tシャツ、ステッカーなどを販売。
参加団体:東北ココロむすぶプロジェクトin鎌倉、鎌倉市職員ボランティア(いざ鎌倉)、宮城県七ヶ浜町ボランティアセンター、KSVN、おらほのラジオ体操(順不同、敬称略)

震災を知る

被災地写真展展示:山口貴大さん、カメライターかさこさん
復興とそこに暮らす人々の記録をコラムとともに展示。
映像でみる被災地被災地とその復興の様子を取材。1年経った今も仮設住宅で暮らす人々がたくさんいます。これから何が必要なのか。現地インタビューも。 パネルディスカッションテーマ:被災地支援と鎌倉の防災を考える
鎌倉のボランティアグループや鎌倉市役所などによる活動報告。現地は何をもとめているのか、私たちに何ができるのかを考えました。また、鎌倉の防災対策についてもディスカッションをしました。
参加パネリスト:東北ココロむすぶプロジェクトin鎌倉、鎌倉市総合防災課、鎌倉市職員ボランティア(いざ鎌倉)、七里ガ浜高校生徒会、カメライターかさこ、かさぼネット、七里ガ浜発七ヶ浜復興支援隊(順不同、敬称略)
3.11~七の心をつなぐ~2012の様子1 3.11~七の心をつなぐ~2012の様子2 3.11~七の心をつなぐ~2012の様子3

3.11~七の心をつなぐ~実行委員会(2012)

実行委員長中里成光(七里ガ浜発七ヶ浜復興支援隊隊長) 主催七里ガ浜発七ヶ浜復興支援隊 後援鎌倉市 協力鎌倉プリンスホテル

チラシ

3.11~七の心をつなぐ~ チラシ 3.11~七の心をつなぐ~(2012)_チラシ
Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

第6回 心をひとつに

第6回心をひとつに イベントの様子

第5回 心をひとつに

第5回心をひとつに イベントの様子

第4回 心をひとつに

第4回心をひとつに イベントの様子

第3回 心をひとつに

第3回心をひとつに イベントの様子

第2回 心をひとつに

第2回心をひとつに イベントの様子

第1回 心をひとつに

第1回心をひとつに イベントの様子

中学生防災サミット

お問い合わせ

ボタンを押すとGoogleフォームを利用したお問い合わせ画面になります